【超初心者向け】WordPressってお金がかかるの?お金を払ってまで使う価値があるの?

超初心者の方向けに、WordPressの基礎をお伝えしています。

”WordPress”という言葉は聞いたことがあるし、無料ブログに比べて良いらしい・・・ぐらいに知っている方って結構多いと思っています。
結局、起業し始めた方はアメブロなどの無料ブログから入る方が多いです。
SNS要素が強いので、とにかく見込み客への発信が大切という思いから「毎日投稿すること」に注力していきます。

とはいえ、毎日投稿するって、結構たいへんですよね。^^;
私自身も毎日投稿するようにしていますが、そもそも文章を継続するって簡単なことではないと思っています。

ここからはマインドセットが狂ってくると思うところがあり、「たいへんだけど頑張らなきゃ」みたいな思考の流れになるパターンが出てくる方がいるんですね。
子供の頃から、頑張ることを善しとして教育されているわけです。良くも悪くも。
だから、アメブロなどの無料ブログの投稿を「頑張ってしまう」ということになります。

”アメブロ集客”というビジネスモデルがあるので、そこを否定するつもりはありません。
けれど、アメブロに注力することが、そこまで良いことなのかと言えばNOだという思いがあります。

なぜだか分かりますか?

アメブロに投稿した情報発信は、自分の資産にならない

突然のアカウント削除。突然の運用方針の変更。
多くのアメブロユーザーは、以前よりこれらに振り回されていました。

そもそも、アメブロに投稿した情報発信は、運営会社のものなんですね。自分の資産ではないから文句は言えないんです。
アメブロに投稿すると、広告が表示されます。
私達はアメブロというSNSを利用させてもらいながら、広告を目にして購入を促され、また自分の投稿を閲覧してもらっているユーザーに、自分以外のサービスの広告をPRしているという状況がそこには存在しているのです。

でも、無料なんだから。
それぐらいは仕方がないでしょう?

そうそう。そうなんです。
その恩恵を受けながらも、きちんとした基盤をしっかりと持っておかなければならないんです。
それが、WordPressでオフィシャルサイトを持つということになります。

 

WordPressってお金がかかるの?

アメブロなどの無料ブログは、くどいですがお金はかかりません。
対して、WordPressはお金がかかります。

具体的に、どうお金がかかるかは次の通りです。

基本的な契約

<必ず発生するもの>
・レンタルサーバー代
・独自ドメイン代

WordPressでオフィシャルサイトを持つということは、データ保存先が必要となりますよね。
その保存先を借りなければならないため、「レンタルサーバー会社」と契約をします。

それから、絶対ではないですが、オフィシャルサイトには分かりやすい表札が必要になります。
私のこのサイトでは「https://yukarikida.net/」がそれになりますが、これを”独自ドメイン”と言います。

電話の契約をする時は、電話番号をもらいますよね。同じようにネットワーク上の番号(アドレス)が必要になるのですが、「分かりやすい独自の名前を契約する=独自ドメインを取得して契約する」ということをするわけです。

 

店舗を整えるための外装代としての”テーマ”

WordPressをインストールしただけの状態でも、一応は使えるんです。
文字入力して更新すると、ちゃんと表示されます。

けれど、ものすごく味気なくて見にくいんです。
オシャレじゃないし。

ということで、WordPressをインストールした後、お客様にお越しいただくのに恥ずかしくないように店舗を整えることをします。
その役割が”テーマ”です。

テーマには無料テーマと有料テーマがあります。
ちなみに私のこのサイトは、ANGELというテーマを使用しています。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

【超初心者向け】WordPressって何なの?オフィシャルサイトを持つ意味とは?

お金がかかるのはここまでになります。
つまり、WordPressを使い続ける限り、基本的には月額もしくは年額の料金が発生するということです。
それを出し渋るのであれば、無料ブログで良いと思います。

お金がかかるなら、無料ブログを使う?!

ここまで読んでいただいて、「月額や年額料金を払うくらいなら、アカウント削除されないように無料ブログを使ったほうが良い」と思う方もいるかもしれません。けれど、個人起業家であれば、その観点は長い目で見ると良くないと思いませんか?

  • 万が一、アカウント削除された場合、多くのお客様や見込み客を失う可能性がある。
  • 多くの同業他社が存在するアメブロの中で、必死になって戦わなければならない。
  • とにかく毎日投稿して頑張っている自分を感じているのに、実際の集客につながらない。

こんな状況を、ずっと続けなければならないのです。
じゃあ、WordPressにすればこれが解消できるの?というと解消というのとは少し違うんです。
観点が変わるんです。

活躍している個人起業家ほど、オフィシャルサイトを持っている

アメブロは、お客様とのつながりのために必要でしょう。
あなたの見込み客が、アメブロに存在するのであれば利用していく必要があると言えます。
活躍している個人起業家であってもアメブロを利用しているのは、そこに見込み客やお客様がいるからなのです。

けれど、そういった方のアメブロの中をよく見てみると、オフィシャルサイトを別に持っていることが多いことに気づきます。
なぜなのか?

アメブロなどの無料ブログは、SNSの役割だから。
ネット上の店舗は、しっかりと別のところに作ってあるのです。

なぜ、オフィシャルサイトを持つのか?

昔から知っているメーカーやブランド。
TVCMだけでなく、SNSでも広告が出たりしますよね。Youtubeに流れてきたり。
そんな大企業がオフィシャルサイトを持っていなかったら、びっくりしませんか?

どんな思いでその商品を作っているのか?
現在の商品ラインナップはどんなものがあるのか?
商品の使い方は?
困った時の相談窓口は?

私はよく薬を買うので、服薬する前に薬の名前で検索することがあります。
念の為に、自分の症状に合っているかとか、どれぐらいの間隔で服薬するとか確認したいんですね。
そんな時、アメブロのページが出てきたらびっくりします。
きっとこの会社の薬はもう買わなくなります。

極端な例えのようですが、
オフィシャルサイトがあるということは、自社のサービスや商品を自信を持って提供していることの証明だと思っています。
そして、その証明があるからこそ、お客様は安心して信頼して購入してくださるんです。

まとめ

ということで、個人起業家であれば必ずオフィシャルサイトを持つべきなんですね。
「まだまだ起業したばかりだから、そのうちね」という方がいますが、今からオフィシャルサイトを立ち上げることで、情報が積み上がります。
情報が積み上がるということは、SEOが上がるということ。
Googleに評価されて、自分の情報が検索上位に上がる可能性があるんです。

起業して1年後にそれをやれば、365日分のあなたの情報発信が無駄になるか、もう一度投稿し直さないといけません。
だったら、今すぐにでもオフィシャルサイトを立ち上げたほうが賢い選択になります。

WordPressの使い方は、始めは戸惑うかもしれませんが慣れればたいしたことはないです。
それよりも、見込み客やお客様との信頼を手にする方を大切にしてほしいと思っています。

もし、不安がありましたら、ぜひご相談くださいね。

関連記事

  1. レンタルサーバーの契約/独自ドメイン取得の方法

  2. 【超初心者向け】WordPressって何なの?オフィシャルサイトを持つ…

  3. ランディングページの作り方 講座日程〈12月前半〉

  4. ランディングページの作り方 講座日程〈12月後半〉

  5. Cocoonでの新規固定ページ作成の手順

  6. オフィシャルサイト制作の流れ

  7. 【stand.fm】音声配信はじめました

  8. ランディングページの作り方 講座日程〈2021年1月前半〉