【超初心者向け】WordPressって何なの?オフィシャルサイトを持つ意味とは?

これから起業を考えている方も、既に起業されている方も、情報発信が大切ということはある意味常識的のような雰囲気がありますよね。
私自身は、Instagram、Twitter、アメブロを中心に情報発信していて、さらに公式LINEやメルマガにご登録いただく流れを作っています。

今回はブログに関する部分をPickupしてお伝えしたいと思います。

さて、私自身もお伝えすることがありますが、「アメブロは突然アカウント削除される可能性があるし、自分の資産にならないから、WordPressの方が良いらしい」という鉄板の定義のようなものがあります。

それでもアメブロのユーザーは莫大ですし、私自身も使用しているのですが、それはアメブロをブログとしてではなくSNSだという認識で使用しているからです。

アメブロには「フォローする」という機能があり、「フォローバック(フォロバ)」という文化があります。
これってまさに、SNSなんですよね。
自分の存在に気づいてもらうための、SNSの役割そのものということです。

だから、利用価値はある。けれど、資産にならない。
その他にも・・・なのですが、じゃあ、WordPressっていったい何なの?という、超初心者向けの方向けにご説明したいと思います。

 

ネットワーク上に、店舗を持つようなもの

WordPressでのオフィシャルサイト制作代行をする際、こんな表現でご説明しています。
この記事でも、同じようにしていきますね。

まず、大企業というのは、必ずオフィシャルサイトを持っていますよね。
商品情報やキャンペーン情報、それからTVCMの動画なんかもサイトの中に掲載されていたりします。
オンラインショップのリンクもあったりして、販売につなげたりもします。

逆に言えば、大企業なのにオフィシャルサイトが無かったらどうでしょう?
今どき、びっくりしませんか?
おいおい!今どきオフィシャルサイトもないのか?と。
ちょっとがっかりしますよね。

つまり、オフィシャルサイトというのは、その会社の信頼性や安心感を高めるために重要な位置づけだということです。
ネットワーク上に店舗を置くことの重要性が理解できるかと思います。

けれど、まだまだ多くの個人起業家の方は、オフィシャルサイトを持っていないか、アメブロなどをオフィシャルサイトとしている方もいるのが現状です。

 

ネットワーク上に店舗を持とう!

個人起業家と言えど、信頼性や安心感のためにオフィシャルサイトを持つべきだということはお分かりいただけたと思います。
ここからは、ネットワーク上に店舗を持つ(オフィシャルサイトを設置する)という気持ちで読んでくださいね。

まずは、土地を手に入れる

店舗を持つためには、まずは、土地を手に入れる必要があります。
ネットワーク上に店舗を持つということは、あなたの店舗の「情報」の置き場所が必要になります。
ということで、その情報の置き場所である「サーバー」に場所を借りる必要があります。

ここで必要となるのが
「レンタルサーバーを契約する」という手続きになります。

 

 

表札を作る

レンタルサーバーを借りると、ネットワーク上に自分の住所ができあがります。
でも、この住所はとても分かりづらいんですね。
もらった住所を見ても、それが誰の住所なのか分かりづらいと、来てくれる人が戸惑ってしまいますよね。

だから、分かりやすい表札を付けます。

それが「独自ドメインの取得」になります。
私のオフィシャルサイトの場合は、「yukarikida.net」というのが独自ドメインであり、表札になります。

 

レンタルサーバー契約と独自ドメイン取得については、こちらの記事をご覧ください。

レンタルサーバーの契約/独自ドメイン取得の方法

お店の枠組みを作る

いよいよ土地に建物を建てる工事をしていきます。
まずは枠組みを作っていくんですね。この枠組みを作ることを「WordPressのインストールをする」ということで捉えてください。

WordPressのインストールをしただけでも、一応は建物としては使えますが、ただの箱みたいなものなんですね。
開店するには殺風景すぎるし、商品を並べるにはとっても使いにくいわけです。

 

お店の外装をする

お店らしくしていくために、お店の外装をしていきます。
外装を整えると、お店への入りやすさが全然違ってきますよね。

外装を整えるための材料はセット売りされていて、これが「テーマ」と呼ばれるものです。
ちなみに、私のこのサイトは『ANGEL』というテーマを使っています。

WordPressのインストールをしたら、「テーマ」をインストールします。

 

まとめ

ものすごく簡単な例えで開設しましたが、ざっくりとでもご理解いただけたでしょうか?

ちなみに、外装の他に内装を整える機能があるテーマなどもあったり、テーマによって「セット内容」が異なります。
ブログアフェリエイトをしたいという方向けのテーマだったり、企業のコーポレートサイトの場合は、それに適したテーマを使用したりします。

ちなみに、レンタルサーバーと独自ドメインについては料金が発生しますが、WordPressのインストール自体には料金は発生しません。
それから、テーマというのは無料テーマと有料テーマまであり、デザイン性や機能によって料金は様々になります。

テーマによって雰囲気は確かに変わるのですが、そこで使用する画像や色合いなどは実際に投稿する人のセンスが大きく影響します。
カラフルにしすぎて、記事に集中できないといったことがないようにするのがポイントかと思っています。

よくある質問として、「アメブロも投稿して、オフィシャルサイトも投稿しないといけないの???」というものがあります。
もちろんそんな義務はなくて、どんな運用をしていくかという観点になります。

アメブロに投稿した内容を転載しても良いでしょう。
オフィシャルサイトには濃い情報を書いて、メルマガや公式LINEでお知らせするのも効果的だと思います。
有用な記事を投稿することで、サイト自体が強くなるのでSEOにも影響してくるでしょう。

さらに、アフェリエイトなども活用してくのも良いかと思いますが・・・話が広がりすぎるので、この件はまた別の記事にしたいと思います。

ではまた。(^o^)丿

 

関連記事

  1. 【超初心者向け】WordPressってお金がかかるの?お金を払ってまで…

  2. 「仕事は一人でやらない」という、大切な考え方

  3. Cocoonでの新規固定ページ作成の手順

  4. 【stand.fm】音声配信はじめました

  5. Cocoonでの新規投稿の手順

  6. オフィシャルサイト制作の流れ

  7. レンタルサーバーの契約/独自ドメイン取得の方法

  8. ランディングページの作り方 講座日程〈12月前半〉